わらびのほいほい日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 佐多岬へ (本土最南端)

<<   作成日時 : 2016/05/12 20:56   >>

ナイス ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 11

ゴールデンウィークも終わり、道路の渋滞も無くなったところで、佐多岬へ 1泊で行ってきました。


同じ鹿児島に位置していると言っても出水市からは、片道約200キロメートルあるので、五時半には起き、七時半には家を出ました。


天気予報では、夕方から雨との事でした(☆。☆)


佐多岬の近くにある鹿屋(かのや)バラ園には、雨になる前に行きたかったので、のんびりドライブしたいと言う夫を急かしながら一路、かのやバラ園を目指しました。


ところが、途中にある福山町(黒酢で有名)を通った時、道路脇の敷地に 黒酢を仕込んであるカメ壺が、びっしり整然と並んでいるのが目に入りました。
健康が気になる年代なので、黒酢には、関心があります(=`ェ´=)。


「かくいだ」という黒酢の専門店に寄ってみることにしました。
画像


明るくセンスの良い感じの店舗に入ると、広いフロアーは、シンガポールからの団体客で賑わっていました。
ここのお店は有名なようで、多くの有名人が、テレビ番組の収録で、よく訪れているようでした。

画像


中国語を話せる店員さんが、製品の説明をされていました。
ここは、台湾、中国からの観光客が、多いとのことでした。

それら団体客の買い物カゴは、黒酢製品で、いっぱいになっていました。



団体客と同様に 私も黒酢を使った何種類もの製品の味見をしました。



不要な添加物も入っていないし、味がいいので、どの商品も欲しかったのですが、5品 厳選して購入しました。
画像


思わぬ時間を取られたので、道中を急いでいましたが、垂水(たるみず)の道の駅で、トイレ休憩に寄った際に またもや時間を取られることになりました!!(゜ロ゜ノ)ノ。


そこには、60メートルもあるという長い足湯がありました。

そこで、約30分、足湯に入りました(なにせとても気持ち良かったので(^◇^;))
画像



予定よりだいぶ遅くなりましたが、かのやバラ園に到着しました(入園料大人620円)。
画像



なだらかな丘が続く広大な土地一面に これでもか!というくらいに色とりどりのバラの花が咲いていました。
画像


画像


画像


雨がポツポツ降り始めましたが、バラの美しさに酔いしれていたので、あまり、気にはなりませんでした。
傘をさしながら、何枚も撮影しました。
画像


しばらくすると、そこの敷地の舞台で、沖縄のエイサー踊りやハワイアンダンスが披露されました。
この頃には、雨が本降りになっていたので、観客は、後ろのテントからの観覧でした。


家のお土産にバラを一鉢とバラのマグカップ等を購入しました。
画像



そうこうしているうちに 夕方になってきたので、佐多岬に向かいました。

だんだん、道が細くなり山の中へと入っていきました。
画像



本土最南端ともなると 道路脇に生えている植物が、奄美や沖縄で見るようなものに変わっていきました。
画像



時々、猿にも遭遇しました。
画像


車で近寄っても静かにしているので、親愛の情を示そうと窓を開けて、「ちょっちょっ」
と舌を鳴らすと「キーッ!」と威嚇してきたのでビックリしましたΣ( ̄ロ ̄lll)。

猿からしたら、安穏と暮らしているところに人間が車で侵入してきたわけですから無理もないと思いました。


岬の駐車場は、山道を登り切った所にありました。

そこの駐車場からトンネルをくぐると 岬へ続く小道があるはずでしたが、ロープが張られて、通れないようになっており、岬の突端まで行くのは断念せざるを得ませんでした。(次回チャレンジしたいです)。


そこの駐車場に降りると 雨と強風が、吹いていました。
駐車場の一画には、大きなガジュマルの木がありました。



夫が、その木をバックにジャンプするので写してくれ!!と言うのでトライすることにしました。
画像


画像


画像


タイミングが、なかなか合わず、頭が切れていたりして、雨の降る中、夫は「疲れたー」と泣きそうな声をあげながらも 10回以上、全力でジャンプして、やっと満足のいく1枚を撮ることができました。



夫は、ぐったりと疲れてしまっていましたが、もう暗くなっていたので(@_@)、「ホテル佐多岬」へと急ぎました。
画像

朝夕二食付きで、一人7800円で、比較的、リーズナブルでした!



そこのホテルは、部屋にいても 波の音がよく聞こえてきて、夜は、ぐっすりと休むことができました。


さて、朝になっても雨が降っていました(○_○)!!。



ホテルを後にして、根占(ねじめ)港に向かい、フェリーで、東の大隅半島から、西の薩摩半島に渡りました。

画像



デッキには、私達だけでしたので、船の揺れに誘われて、共に演歌の「兄弟船」を元気よく歌いました♪(*´∀`*)。
画像


着いた港は、指宿(いぶすき)山川港です。




そこの道の駅に入り、少し海産物を買いました。
画像


カツオ焼きというのが気になったので買って、そこのお茶付き無料休憩所で、おやつにいただきました。
画像



その後は、ランチを食べたあと、帰りの道すがら、吉井淳二美術館に寄りました(入館無料)
この美術館は、1992年に建てられました。
画像




吉井淳二(百歳で天寿を全う)は、黒田清輝と並ぶ、日本を代表する鹿児島出身の画家です。


そこには、吉井淳二氏制作による油彩・素描・版画、及び、吉井氏と交流のあった芸術家の作品など、合わせて約140点が、展示されていました。



感嘆のため息をもらしながら、ゆっくり観てまわり、すばらしい作品の数々を堪能しました。


1泊2日と短い旅でしたが、とても充実した旅になりました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 21
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
佐田岬は一度訪ねたい場所の一つです。リアルタイムな探訪記ありがとうございました。桜島の灰は降ってこなかったでしょうか?大隅半島側は道路に降灰したママになっているのではと、気になっています。💦
ヨッシー
2016/05/12 23:12
灰のことを一生懸命思い出そうとしたのですが、全然気がつきませんでした(@_@)。噴火が続いているのですから積もっているはずですが……。
雨が降って来ないうちにバラ園に到着しなければ!と絶えず考えていたので、そこには注意が至りませんでした(/≧◇≦\)
わらび
2016/05/13 08:51
この黒酢使ったことあるので、テレビで映った時もあ〜あの黒酢ていっていました。とてもまろやかで、お寿司にすると色がつきますがとても美味しいですよね〜(^。^)
わらびさんの手書きの地図が分かりやすく、暖かみがあって、佐田岬も行ってみたい気分になりました。
薔薇園もいいですね〜🌹
Zeus mom
2016/05/13 09:22
バラ園、よかったですよ〜🎵(*´∀`)。女性は皆さん、バラを見つめる目が、うっとりされてましたー(//∇//) また、すぐに行きたい気分ですけど、遠いです(;゜∀゜) あ、それより、今頃、何ですが、この前のコメントで、ナンプラーを下味に使われるということでしたが、どんな風に使用されるのですか?ぜひ、教えてくださいm(__)m(編み機のことでビックリして質問するのを忘れました(;゜0゜))
わらび
2016/05/13 11:22
ご質問の隠し味として
ナンプラーは野菜炒めや焼きそばをつくるときごま油と一緒にナンプラーを少したらすと味に深みがでる気がします。
Zeus mom
2016/05/13 20:19
Zeus mom様(*´∀`*)
どうも ありがとうございます🙏
わらび
2016/05/13 20:28
雑なコメントお許しくださいまし。。楽しそ〜〜感が伝わりました。手書き地図も良いで〜す。(以前も上手なイラスト覚えてます。才能アリアリ)。自分はユリ・バラ・サクラが大好きです。アッよっしーさんが来たので…
のっぽ
2016/05/15 07:45
のっぽ様(*´∀`*)
手描き地図は、いろいろなツールの使い方がわからないので、苦肉の策に過ぎません(^◇^;)
また、いつか、お天気の良い時に行って、佐多岬の様子をアップ出来たらなぁと思います(*´∀`*)。確か、岬の突端まで行くと、眺めが良く、鐘を慣らせる東屋があるはずです。
わらび
2016/05/15 09:17
さっきは半端な終わり方でスミマセン。。今朝はよっしーさんが旅立つ時間でした。工具の積み込みをするためキャンカーを横付けしましたの手伝ってました。今夜は下呂温泉か?飛騨高山当たりだと言ってました。
のっぽ
2016/05/15 14:54
のっぽ様(^▽^)
よっしーさんが、旅立たれる前に顔を合わせることができて良かったですね。
私は、のっぽさんにお会いしたことはありませんが、ブログのお陰でか、時々、お会いしているような〜(*´∀`*)

のっぽさんもよっしーさんの後を付いて行きたい気分だったことでしょう(*´∀`*)
わらび
2016/05/15 16:57
ロージン二人連れは”こころ旅”というより、”サビレ旅”になりそうですから・・・。( *´艸`)
よっしー
2016/05/18 06:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
佐多岬へ (本土最南端) わらびのほいほい日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる