わらびのほいほい日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 長島へのドライブ

<<   作成日時 : 2016/06/12 18:52   >>

ナイス ブログ気持玉 25 / トラックバック 0 / コメント 13

先日8日、北九州の小倉に住む私の姉が帰郷し、11日まで我が家に滞在しました。


帰郷の一番の目的は、伊佐市ひしかりの介護施設にいる母に面会するためでした。


滞在最終日には、出水市から車で約一時間の所にある長島へ 夫の運転する車で、ドライブに行きました。


梅雨とは言え、晴天が続いており、その日は、まさにドライブ日和でした。

長島町は、鹿児島県北西部に位置しており、温暖な気候と美しい海岸線に恵まれた町です。


鹿児島県本土と長島をつなぐ黒之瀬戸大橋(くろのせとおおはし)です。
画像


画像



橋が架かる前は、定期船での往来しかなく、橋を渡すことは、長い間、島民の悲願でした。


そして、1974年に完成しました。
当初、その橋を渡るのは、有料でしたが、1990年9月以降は、通行無料になりました。


その橋を渡り、昼食をとった後は、風力発電所のある「風の丘」の展望所に行きました。
画像


画像


画像


画像



この風車群は、2005年から工事着工し、三年後の2008年までに21基の風車が設置され、2008年から運転しています。
そして、年間約100、000、000kWhの電力を作り出しているそうです。


その21基のうちの一つの風車がある公園に行き、下から見てみました。
画像

その風車の真下にいると、微かにブーン ブーンと音がしました。

羽根の先に体を縛り付けられて、回されたら怖くて気絶してしまうだろうなぁと思いました(@_@)。

それでも その巨大な風車の動きに魅せられて、しばらく上を見上げていました。
なんなら、シートでも敷いて、その上に寝転がり、半日ぐらい見ていたい気持ちでしたが、先を急ぐことにしました。


最後に長島の蔵の元(くらのもと)港に行きました。
画像



そこは、天草に渡るフェリーの発着場でもありますが、その脇にグラスボート乗り場もあります。
早速、乗船することにしました。
40分1600円
その時、乗船者は、私たち3人だけでした。

画像


そのグラスボートで、珊瑚礁群の所に着くまで、船のへさきに出て、風を受けながら、海の景色を楽しむことができました。
画像


船長さんは、操舵室の天井から頭を出し、私たちのすぐ後ろで、時には冗談も交えながら、いろいろと興味深い説明をしてくださいました。

昔は、船乗りさんで、各国をまわっておられたそうです。


珊瑚礁がある数カ所で、船のエンジンを停めたり、少し移動させたりと操縦されたので、しばらく海底の珊瑚や魚を楽しみました。
画像


その日は、珍しく凪だということで、滅多に行くことがないという少し沖の方まで、サービスで、船を進めてくださいました🙌。

ところどころ、大きな洞窟がありました。
その船長さんは、昔、何回か、入ってみられたとのこと(奥の方に神秘的な紫色の花が咲いていたそう)。

「コウモリはいましたか?」と尋ねると「いましたねぇ。」との返答でした。
画像


まるで、怪獣の頭のような岩が、突き出ていました。
画像

姉は、グラスボートに乗るのは、初めてということで、とても嬉しそうでした。
結局、凪だったおかげで、一時間と少し海に出ていました🙌。
私にとっても 姉との楽しい一時になりました。


次の日は、もう一度、母のいる施設に行くことになりました(その日、夫は別の用事)。

今度は、弟も合流し、三人で、母の面会に行きました。
その後は、久しぶりにきょうだい三人揃ったので、昼食をとりましたが、食事が済んだ後もしばらく話が弾みました(*^-^*)。

新幹線🚄の時間が迫ってきたので、出水市に戻り、出水駅に姉を送っていきました。
画像

梅雨の時期でしたが、ドライブの事だけを考えると、晴天が続いて良かったなぁと思いました。

余談ですが、出水駅には、1両だけ、蒸気機関車が置いてあります。
画像


夜の駅は、また、いい雰囲気です(*^-^*)。
画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 25
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(13件)

内 容 ニックネーム/日時
わらびさん

梅雨の晴れ間に良き団欒の日を
過ごされましたね、珊瑚礁が真近くに
観えるなんて、コウモリも生息されてる
環境が残されてる島、凄く純粋な気持ちに
させて頂きました^^;
風車群はこちらにもあります、スッとしたい
時に単車飛ばします、何ならずっと観ていたい、
そんなお気持ち分かります^^;

以前に行った時は素通りでしたが、
出水駅の夜景綺麗ですね〜
鹿児島、また行ってみたいです、
今後は横切るだけじゃなく、ちゃんと
蒸気機関車観て走ります >>>
ポパイ
2016/06/12 20:38
昨年わらびさん宅へお邪魔する前に、長島温泉で一服しました。丁度農繁期で、風呂は空いており、貸し切り状態で「勿体ないけど、大満足!」と、受付のおばちゃんに言ったら、「この島のバス会社がやっているので、損はしていませんよ」とニッコリ。ユッタリ・マッタリした一時でした。黒之瀬戸大橋の入口にある道の駅で晩御飯のお惣菜を仕入れました。長島にはまだまだ見所が沢山あったのですね。来年か再来年、また行けたらい〜な〜と思いながら、わらびさんの紀行文読ませて頂きました。
よっしー
2016/06/12 21:18
ポパイさま
白い風車の羽根を見ていると ゆっくり回っているように見えるのですが、羽根の先端を見つめていると、わずか数秒で、すごい大きな円を描いているので、風の力に対してか、風車に対してかわかりませんが、畏怖の念を感じ、目が離せない感じです(^◇^;)
鹿児島も田舎ならではの自然や文化がありますから、どうぞ、ぜひ、またお越しくださいネo(^▽^)o
わらび
2016/06/12 22:17
黒之瀬戸大橋近くの道の駅の奥に歩いて行ける道があります(大きな車は通れません)。そこを上ると記事にアップした橋が見える公園がありますよ。長島のどこの公園に行っても眺めのいい所ばかりです。
また、ぜひ、また、こちらにもおいでくださいねo(^▽^)o
わらび
2016/06/12 22:30
風力発電の風車は良いですね。
なんか、とてもシュールな感じで、SF映画みたいです。
海がとてもきれいですね!!
マリンブルーとは正にこのこと。
羨ましい限りです。
ひとかげ
2016/06/13 09:46
遠くで回っている何基もの風車や、間近で回っている風車を見ていると、自分がSFの世界に迷い込んだような不思議な感覚にとらわれます。
ガラス工房や水族館と同様、いつまでも見つめていたいものの一つです(^◇^;)
わらび
2016/06/13 10:21
今朝のニュースで、長崎往復した車のエンジンルームから猫ちゃんが沢山出て来たと…わらびさん家の車かと思いました…。(有り得そうですよネ)
のっぽ
2016/06/14 10:54

猫でしょー!?、猫が、エンジンルームにいるかいないかくらい……そう言えば、猫ではないけれど、括った古雑誌や古新聞の塊を3つ、車の屋根に乗せて、気付かずに、5q位、走らせたことがありましたねー(^◇^;) 逆によく落とさなかったものだと自分でも感心しました(*´∀`*)
わらび
2016/06/14 12:59
のっぽさん、やっぱり、あり得ますね
〜(^◇^;)  
気をつけます👮
わらび
2016/06/14 13:06
わらびさんも3人きょうだいの真ん中ですか?
momも兄と弟の真ん中です。
久しぶりに会うきょうだいも会えば、昔の家族の思い出話で花が咲きますよね〜〜🎶💕
お母様も嬉しい時間だったでしょうね〜〜
Zeus mom
2016/06/14 18:45
mom様
仰る通り、母は、とても嬉しそうでした。いつもは、別々に訪問しているのですが、三人一緒だったので、それぞれの顔を代わる代わる見ていました。
私は、姉と弟の真ん中に生まれたわけですが、mom様は、貴重な女の子だったので、より(^◇^;)、可愛がられた存在だったでしょうね〜♪天真爛漫なかわいい(現在も)女の子だったと推察いたします(*´∀`*)。
わらび
2016/06/14 19:22
わらびさん、其れは褒めすぎ、、だってば。(笑)
ノッポ
2016/06/14 20:42
あははー(*´∀`*)
のっぽさん………(≧∇≦)バンバン
わらび
2016/06/14 20:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
長島へのドライブ わらびのほいほい日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる