わらびのほいほい日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 菅原神社の臥龍梅と犬のツン

<<   作成日時 : 2017/03/07 17:55   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 28 / トラックバック 0 / コメント 10

今日は、薩摩川内市(さつませんだいし)、藤川の菅原神社に行って来ました。

神社の駐車場から神社に歩いて向かう間に美しい梅の木がありました。
皆様、ご存知でしょうが、龍が地を這っているように見えることから、臥龍梅と呼ばれる梅が、満開でした。
画像


画像



ここは、山間部で、朝晩の気温が低いためか、平地と比べるとだいぶ開花時期が遅いようです。



敷地内にある掲示板に ここの神社の由来が書いてありました。
画像



この掲示板にあるように ここの神社には、学問の神様と言われている菅原道真が、祀られています。


道真は、太宰府に左遷させられた後、藤原時平の陰謀を恐れ、病死を装い、薩摩に下り、こちら藤川で、余生を送ったと言われています。


その間に、道真 手植えの一株が繁殖したと言われています。
その梅が、境内に約150本あり、このうち50本程度が、臥龍梅だそうです。
「藤川天神の臥龍梅」として、国の天然記念物に指定されているそうです。



少し歩くと社殿が見えました。
画像


九州征伐で、豊臣秀吉に焼き討ちされ、社殿、宝物など全てを失ったそうです。

その後は、薩摩藩の島津氏の庇護を受けて再興されました。


また、敷地内には、なぜか、西郷隆盛の愛犬ツンの銅像があります。
画像

日本芸術員会員である中村晋也の作だそうです。


なぜ、ここに、この銅像があるかと言えば………。、


薩摩藩出身で、幕末に活躍し、明治維新に貢献し、明治時代になって、ここに参詣した西郷隆盛。


西郷さんは、犬好きでも知られていましたが、ここ藤川の百姓、前田善兵衛が飼っていた名猟犬ツンをいたく気に入りました。
そこで、自分の所有していた馬と交換してもらったそうです。


ツンは、薩摩犬で、ピンと立った耳と左尾が、特徴だそうです。

若い頃は、スラッとしていたという西郷さんですが、後に体重が増え、ダイエット目的で、ツンと共に 山に入り、ウサギ狩りを趣味にしていたそうです。


西南戦争が起こった明治10年にもツンを連れていたそうですが、追い詰められた城山の戦いにおいて、最期を覚悟した時には、首輪を外して逃がしてあげたそうです。


そんな逸話に思いを馳せながら、満開の梅を見てまわりました。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 28
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
momが産まれてから中学1年まで住んでいたのが菅原道眞が祀られている、上京区の北野天神の近所でした。北野天神を天神さんって呼び、momたち兄弟は天神さんの氏子で、当時境内は近所の子供達の遊び場でした。
広い境内には梅の木と牛の石像が順番に並んでいて、毎日毎日天神さんで遊んでいました。
菅原神社と梅の木は幼い頃のことを一気に思い出させてくれました。懐かし〜い(^。^)
Zeus mom
2017/03/07 21:21
Zeus mom様
そうですか!幼少期、道真公祀りの本元で過ごされたんですね! ネットで、北野天神を調べてみましたが、立派な社で驚きました。贅沢な遊び場でしたね😄
わらび
2017/03/07 23:13
菅原道真公の伝説が面白いですね。
太宰府で病死した後、自分を左遷した京の都を呪ったというおどろおどろしい話が有名ですけど、判官贔屓というか、どこかで生きていてほしいという人々の同情的な気持ちが、こういう伝説を創り上げるのでしょうね。
それにしても、ツンの名前の由来が気になる・・・
ポアソニエール
2017/03/08 08:29
ポアソニエール様
実際、どうだったのか、わからないことが多いですね!!もしかして、影武者?!このような、まことしやかに記された掲示板があると信じてしまいがちです。
地元の人には怒られそうですけど😵。
ツンという名前の由来は、わからないです🙆 鹿児島弁で、ツンと言えば、「刈る」という意味があったりしますけど🙆
わらび
2017/03/08 10:21
わらびさん

菅原神社と臥龍梅の経緯を辿ったら
道真 手植えの一株が繁殖したのですね、
それが凄いよね〜、梅って割と屈折しながら
枝伸ばすのが多いけど、確かに龍が這ってる
様に見えますね〜〜、貴重な50本ですね^^;
西郷さんと名猟犬ツンの経緯では^^;
自分の所有していた馬と交換したと言うのも、
なんか、らしいって言うか、馬と犬の交換だからね、
よっぽどツンがお気に入りだった証だね♪
散歩に連れ出すのも馬より扱いやすいしね^^;
笑/
ポパイ
2017/03/08 23:58
菅原道真公や西郷隆盛のツンの伝説に纏わる神社があるなんて、訪ねる価値が大きい場所ですね。九州キャンツーは何時もザット観て回るだけなので、次回はジックリ観光してみたいです。果たしてできるかな〜。(;^_^A アセアセ・・・
よっしー
2017/03/09 08:26
よっしー様
友達に連れ行ってもらったんですが、それまでは、その神社の存在さえ、知りませんでした(☆。☆)
県内なのに、まだ知らない名所?が、たくさんありそうです。(´▽`)
わらび
2017/03/09 12:01
立派な梅の木ですね〜
歴史の深い神社なんですね。
私、歴史は好きな方で、当時の様子が偲ばれます。
ツンは、どうなったのかなぁ〜
故郷鹿児島に因んだ話は、やっぱり興味が湧きます。
写真が、とても春らしく感じます。
たぁくんママ
2017/03/09 14:20
ポパイ様
そうですよね。当時だったら、普通は犬より馬の方が、重宝しそうですよね😆。
善兵衛さんは、最初、譲ることを断ったそうです。諦めきれない西郷さんは😆、土地の有力者の三原隼人という人に交渉を頼んだそうです。その情熱に折れ、ツンを譲ったそうです。
西郷さんは、大いに喜び、三原隼人に自分の乗馬を与え、善兵衛さんには、金20貫を与えたそうですよ。
わらび
2017/03/09 21:31
たぁくんママ様
ようやくツン手に入れた西郷さんでしたが、ツンは、狩りの途中、猟犬の勘を働かせて、逃走を図り、はるばる藤川の地を慕って、二度も逃げ帰ったそうです。
それで、私の想像ですが、また、藤川に帰ったのではないかと思います。どうなんでしょうねぇ🙆🐺
わらび
2017/03/09 21:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
菅原神社の臥龍梅と犬のツン わらびのほいほい日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる